世界はいかにして取るに足らない信号音に乗っ取られたか

 ”How a Little Beep Took Over the World” (Google Arts & Culture) という映像が、YouTube公開されています。電子音の基本形態である信号音(オシレーター)が、いかに広く世界普及したかを伝える興味深い映像です。

 ところで今日聴取される音響とは、アコースティック楽器の実演家らを除けば、録音再生であれ生成回路であれ、多くの場合電子信号を音源とする音、即ち電子音源、の類に起因する音響ではないでしょうか。又この潮流は、最近始まったことではおそらくなく、合理化という音楽史の一面を考慮すれば、歴史的になるべくしてなった帰結かもしれません。

 0-9studioは、このような潮流を踏まえ、環境が音源の音楽技術「環境音源」™と共に、より良い音楽世界に向け寄与します。

 How a Little Beep Took Over the World (世界はいかにして取るに足らない信号音に乗っ取られたか)@YouTube